女性に有利に離婚を進めることの重要性

離婚は、正直いって大変。

 

夫婦間で話あって、互いに納得し、離婚届に判を押し、役所に提出して終わり!

なんてケースは稀です。

 

多くは、泥沼の離婚劇があり、中には夫がその話に耳も傾けてくれない!なんてこともよくある話。
そうなれば、協議離婚、離婚調停などを行うわけですが、そこには夫婦互いの思惑などが絡まり、そう簡単には成立しません。

 

とはいっても、自分の人生をより良いものにしていくために、離婚することを決断したのであれば、少しでも有利に進めていくことが大事です。

 

自分らしく生きるために、女性に有利になるような離婚。
特に、子供がいれば、その養育費や親権の問題は非常に困難を極めます。

 

それに加えて、慰謝料の問題。

 

中には、そんなものどうでもいいから、一刻も早く離婚したい!別れたい!という方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

でも、離婚こそ冷静になって行わなければなりません。

 

このサイトでは、そんな離婚を女性に有利に進めるために重要なポイントなどについて紹介していきます。

 

そんなことより、早く、有利に離婚する方法が知りたいなら↓
離婚に関する相談のみでもOK!
有利に離婚する方法


離婚相談が10月に急激に増えるわけ

女性に有利に離婚する為に!ということとどのくらい関係があるのかわかりませんが、離婚問題などの相談を受ける“弁護士ドットコム”という弁護士サイトでは、離婚の相談が1年の中で10月が一番多いそうです。

 

実際に離婚するのが多いのが、子供の入園・入学、そして仕事の転勤などにあわせて3月なんだそうです。
その3月に離婚を成立させるために、半年前の10月くらいから相談するという方が非常に多いみたいですね。

 

半年くらいで離婚が上手く成立するのか?ってのもありますが、それくらいの期間を見ておくほうが女性に有利な離婚をすすめていく上では重要になってくるんでしょうね。

 

離婚して後悔するのは、女?男?

いろいろな事情があるにしろ、離婚という決断をするのは、かなり勇気が必要になりますよね。

 

離婚した人の体験談などを聞くと、たいてい離婚してよかった!と話しているのは女の人。
男性は、どちらかというと後悔している人が多いですね。男性の方で離婚で後悔をしているというよりも、結婚生活のときにちゃんとやっておけばよかった!という後悔。

 

これが女の人になると、むしろもっと早く離婚しておけばよかったとか、もっとお金を取ることができた!みたいな後悔をするケースが多いみたいですよ。

 

特に、旦那さんの浮気などが原因の場合、離婚話を切り出すときにちゃんと浮気の証拠をおさえられていなくて、中途半端な感じで離婚して、お金が取れなかったみたいなことは多いみたいです。
旦那さんの浮気が離婚の原因であれば、探偵さんなどに浮気調査を依頼して、密会現場とかの白を切りとおせないような証拠をもっておけば、離婚での条件交渉も上手く運びますからね。
参考→ http://xn--3yqy02ak6eg1ej4f17bbw1gk6r.xyz/

 

 

子供の親権のあるなしは離婚での後悔に繋がる

離婚を女性が有利に進めるときに、やはり前提条件としてお金というか離婚後の経済力の問題は大事なのですが、子供がいる家庭であえば、その子供の親権問題というのは大きな禍根となります。

 

旦那さんが100%悪くて、何も口出しできないような状態であればいいのですが、よほどのことがないとそこまでにはならないので、子どもがいれば、必ずと言っていいほど親権問題というのが出てきます。

 

女の方で、離婚後の生活や結婚したときの子供との関わりから、親権を放棄した!という方も少なくないのですが、ある程度時間が経つと、そのことで後悔をする方は、けっこういるようです。
子供がいなければ、そもそもそんなに悩まずに即離婚!ということになるのかもしれませんが、子どもがいることでズルズルきて、結局親権を放棄したけど、やっぱり自分がお腹を痛めて生んだ子供との縁はなかなか切れないものなんですよね。

 

離婚時は、どうしても気持ちが衝動的になってしまうので、最善の洗濯というのが、選べなくて後悔をしてしまうことにもなりやすいです。
ですから、離婚調停などは、やはり弁護士さんとか冷静な人と相談しながらすすめるのが、離婚で後悔をしないためのポイントのようです。


浮気・不倫でお困りなら、もっと有利な別れ方があります。

慰謝料、養育費、財産分与、親権・・・。
感情にまかせてしまうと、相手の言いなりの不利な条件で離婚することになりかねません!

少しでも有利な条件で離婚するためにも、“離婚弁護士”無料相談を利用してください!

全国対応の離婚 無料相談と無料相談の流れはコチラ



無料相談は、土日の相談もOK!女性の弁護士先生の対応も可能!

離婚無料相談