離婚調停は離婚で女性に有利になる?

離婚をする際、よく耳にする言葉に“離婚調停”という言葉がありますよね。

 

 

離婚調停とは、家庭裁判所へ離婚調停の申し立てを行い、調停員や
家庭裁判所の家事審判官に夫婦それぞれの事情や言い分、希望などを伝へ、
離婚への合意点を探していく方法です。

 

 

離婚調停が行われるのは、夫婦間では互いに離婚をすることには同意しても、
慰謝料や親権、養育費などで揉めていて、協議離婚ができない場合、
離婚裁判に持ち込まれる前の段階で行われます。

 

 

また、DVなど家庭内暴力などで相手側に会いたくない、会うことなく離婚の
手続きを進めていきたい場合も、離婚調停では配慮をしてもらえます。

 

 

調停離婚では、無理やり合意をさせられるものではなく、6ヶ月たっても互いに
合意されなければ、不成立となり、離婚訴訟という形になっていきます。

 

離婚調停では、必ずしも女性に有利になることばかりではありませんが、
事前にしっかりと対策を練ることで、有利に進めていくことはできます。

 


浮気・不倫でお困りなら、もっと有利な別れ方があります。

慰謝料、養育費、財産分与、親権・・・。
感情にまかせてしまうと、相手の言いなりの不利な条件で離婚することになりかねません!

少しでも有利な条件で離婚するためにも、“離婚弁護士”無料相談を利用してください!

全国対応の離婚 無料相談と無料相談の流れはコチラ



無料相談は、土日の相談もOK!女性の弁護士先生の対応も可能!

離婚無料相談