親権を取るには暮らしの基盤が大事?

離婚の際、子供の親権を取る上で、離婚後の生活の安定度というものが重要になるといわれたりします。

 

やはり、父親、母親どちらと暮らすことで、子供がより幸せな生活が送ることができるか?ということが問われるわけですよね。

 

 

そういう意味では、女性は経済面で不利になることが多いし、男性は食事など生活面で不利になることがおおいです。

 

 

となれば、女性の場合は安定した生活が実証できれば、親権に関しては有利にことを進めることがでます。

 

 

たとえば、最近は寮を完備した仕事などもあるし、看護師の資格などがある人なら、託児所付きの病院に転職することで、そういう面をクリアにすることができますよね。

 

シングルマザー 看護師も増えているということもあるし、病院もどうにかして看護師の離職率を下げたい!ということもあるので、託児所を病院内に作るところが増えているようです。

 

 

もちろん、この流れは病院だけではありません。
企業でも企業内に24時間対応の託児所を設置するところもあります。

 

そういう会社などに転職することで有利に離婚条件を詰めていくことができますね。


浮気・不倫でお困りなら、もっと有利な別れ方があります。

慰謝料、養育費、財産分与、親権・・・。
感情にまかせてしまうと、相手の言いなりの不利な条件で離婚することになりかねません!

少しでも有利な条件で離婚するためにも、“離婚弁護士”無料相談を利用してください!

全国対応の離婚 無料相談と無料相談の流れはコチラ



無料相談は、土日の相談もOK!女性の弁護士先生の対応も可能!

離婚無料相談