余計に泥沼化させないために!

 

離婚をするかどうか、一人で悩んでしまうものですが、間違った対応をしてしまうと、結果的に泥沼化してしまったり、有利な離婚にならなくなったりすることもあるようです。

 

 

たとえば、浮気、借金、DVなどなんでもそうですが、「もう耐えられない!」ってことで、離婚をしようかと悩むわけですが、そのときに、親に相談をしてしまいそうになるのですが、実は、これあまりいいことではなさそう。

 

親への報告というのは、離婚の話し合いが進んでからの方がいいようです。

 

というのも、早期に親が出てくると、夫側の面子が潰されるカッコウになって、徹底抗戦されてしまうこともあるからです。

 

奥さんの親にいろいろ言われると、その場では言い返せないですが、腹の中は煮えくり返っているもの。
それが、離婚の条件などに悪影響を与えてしまうこともありますからね。

 

 

そして、2つ目。
これは、ついつい口から出てしまうものなのですが、夫の前で「離婚」を口にしない!ということです。

 

これも、親の件と似たようなものですが、「離婚よ!」なんていってしまえば、「お前がその気なら、こっちにも考えがある!」なんて抵抗手段をあれこれとられてしまうと面倒ですからね。

 

 

最後は、離婚を決意したのであればいいのですが、離婚を決定付ける要因にもなってしまうので、本気で離婚をしたい!と思っていないのであれば、止めた方がいいことです。

 

それが、「弁護士に相談をする」というもの。
もちろん、DVや借金問題など自らの生活に支障、身の危険があるような場合は別ですが。

 

ただ、弁護士さんというのは、所詮は商売なので、元鞘に収まってもらうとお金になりませんから、「離婚するときはこうなる、あーなる」といろいろ言われてしまいます。

 

特に財産分与とか、慰謝料のことなどを具体的に説明されると、だんだんと「離婚した方がいいのかも」という気分になってくるそうですよ。

 

 

離婚を決意した後なら別ですが、迷っているような段階ならこのような点は注意した方が良さそうです。


浮気・不倫でお困りなら、もっと有利な別れ方があります。

慰謝料、養育費、財産分与、親権・・・。
感情にまかせてしまうと、相手の言いなりの不利な条件で離婚することになりかねません!

少しでも有利な条件で離婚するためにも、“離婚弁護士”無料相談を利用してください!

全国対応の離婚 無料相談と無料相談の流れはコチラ



無料相談は、土日の相談もOK!女性の弁護士先生の対応も可能!

離婚無料相談