子供がいる場合の離婚を有利にする際、養育費はどうすればいい?

離婚をする際、経済的な面は非常に重要になっていきます。

 

特に子供がいる場合は、その後の生活にも関わりますから、無視できません。

 

子供がいる場合の離婚では、養育費というものが焦点になってきます。
養育費は、慰謝料とか財産分与とは違い、子供の成長に必要な費用を
子供と一緒に生活していない側が支払うことになります。

 

親には子供を扶養する義務がありますから、離婚したからといって親でなくなる
わけではないので、養育費は必ず支払うべきとなっています。

 

一般的には、子供が普通の子供たちを変わらぬ生活ができるような保証を
してあげるくらいの金額が養育費としては、必要になるのですが、とはいっても
支払う側の親の収入によって、金額は変わってきます。

 

また、こどもが一人の場合と、複数の場合ではまた違ってきます。

 

離婚をする際、家庭裁判所などに調停を申し立てるようなことが起きるのは
この養育費や親権などの問題がほとんど。

 

やはり、今後の生活を考えれば、養育費の額や期間も有利にしたいですよね。

 

その際も、養育費の毎月の金額に何が含まれるのか?などもしっかり
詰めて考えておく必要がありますね。


浮気・不倫でお困りなら、もっと有利な別れ方があります。

慰謝料、養育費、財産分与、親権・・・。
感情にまかせてしまうと、相手の言いなりの不利な条件で離婚することになりかねません!

少しでも有利な条件で離婚するためにも、“離婚弁護士”無料相談を利用してください!

全国対応の離婚 無料相談と無料相談の流れはコチラ



無料相談は、土日の相談もOK!女性の弁護士先生の対応も可能!

離婚無料相談